スキップフロアの住まい

敷地面積

99.19m2 (30坪)

延床面積

79.08m2 (23.92坪)

30坪の敷地に計画した住まいです。

低層住居地域によって法的に得られる面積のなかで、生活空間をより豊かに効率良く獲得するために、スキップフロアの構成としました。
生活空間は適度に分節しつつも繋がり、数値面積以上のゆとりが感じられる明るい住まいです。
この建物はエアコン一台で空調可能な、床下空間を利用した全館空調システムを導入し、快適な室内環境を得つつもランニングコストを抑えています。
UA値(外皮平均熱貫流率)は0.61W/(㎡・K)断熱等性能等級4以上の性能に、
繰り返しの大きな地震に充分に耐える制震構造も付加しています。
建築費の高止まりの無い背景下において、優先順位を見定めることで自然素材の使用を基本としつつ建物の性能も維持しました。