日本基督教団 美浜教会

敷地面積

336.57m2 (101.81坪)

延床面積

217.86m2 (65.9坪)

施工

株式会社 佐久間工務店

本教会は、1979年に「千葉海浜伝道所」としてマンションの一室からはじまり、
建替前の建物は1993年に購入した中古住宅を牧師館に、プレハブの倉庫を礼拝堂
に改築して大切に使用されてきました。

築43年が経過した旧牧師館と、築24年が経過した旧プレハブ教会堂ですが、
幸い東日本大震災による地盤の液状化による被害は免れましたが、床が傾きはじめ、
台風の影響による雨漏りも生じている状況でした。

都内にみられるきらびやかな教会ではなく、限られた資金による地域の教会ですが、
教会員の皆さまと心を共有し、慎ましくも芯の通った地域に根差した教会を目指しました。
会堂の大屋根は、集成材は用いずに無垢の流通材を用いながらも、手の指を重ねる
「お祈り」を彷彿とさせるような、特徴的な小屋組により架空を成立しています。
架空の上方より光が降り注ぐ、祈りの空間をイメージしました。

建物は繰り返しの大きな地震に耐える制震構造を付加しています。