Home


KAN



眺望を生かす リノベーション

10階に位置する住まいは、東側と南側が開けるとて
も素晴らしいロケーションにあり、東側には都心部を、
南西側には富士山を臨みます。

既存のプランでは北側に位置する玄関から南側へ細
長い廊下を抜けた正面が窓ではなく壁でした。また、
南側に面するリビングダイニングスペースは東西方向へ
細長く、景観への引きをとることができず、日常生活の
動線では、良好な景観を感じることができずに、とても
もったいない状態でした。

既存の窓をそのまま生かしつつも、居住空間の周囲に
その眺望を謳歌して過ごせるような、個室の位置やキッ
チンの位置を再構成しました。

玄関から共用部までの動線は短くなり、その共用スペー
スは景観と共に広く開放されます。

個室があり全く生かされていなかった東側の眺望デッキ
スペースは、キッチンに付随するスペースに生まれ変わり、
気候のよい季節にはアウタールームとして有用できるよう
になりました。

そして奥まった位置にあった以前のキッチン・ダイニングエ
リアは、リビングに付随するスペースとして開放され、必要
時には可動間仕切りよって個室使用も可能にしています。