Home


マドの家



私道の突き当たりにある約32坪の敷地に計画した2世帯住宅です。

4m幅の道路の突き当たりにある計画地は隣戸と案分する2mのみ
が接道します。このような条件のなかで、状況に応じて車を2台ま
で駐車することがご要望の一つでした。

しかし、通常の計画では駐車スペースに面積がとられ、建蔽率や容
積率のなかでは2世帯に必要な面積を充分得ることが難しくなるた
めに、一部の居室と駐車スペースを半地下まで掘り下げて、建物全
体をスキップフロアーの構成とすることで必要面積を確保しました。

南側は公園緑地が広がります。各居室から異なる大きさの開口部を
透して、異なる高さや距離で緑を謳歌できる住まいです。

半解上がった高さにある和室からは、室内の床と同じレベルでデッ
キテラス越しに公園緑地を謳歌できる特等席です。

その上階にあたる公園緑地に近いリビングは真横に大木の緑が沿い、
緑地側が低くなる屋根勾配のため、穴蔵のようなぐっと落ち着き感
のある心地よいスペースです。

対照的にダイニングは、床までの開口部越しに離れた位置から緑を
臨む、開放的な展望ダイニングとなります。

1階デッキ庭や2階のバルコニー床デッキ及び各手摺りの素材は、
廃材となるべく木材と家庭ゴミの廃プラスチック、そして製紙業で
廃棄されるペーパースラッジとを混合してリサイクルされた再生デ
ッキ材を用いています。



施工: 江中建設株式会社